セルフスイッチ活用のコツ


この記事は、「RPGツクールMVアドベントカレンダー2017」12月15日用に書かれたものです。
また、「ツクール学園フェスティバル」教室22番の、ネタバレや制作時の裏話を多少含みます。

皆さんこんばんは。沫那環です。
普段はVX Aceで剣と魔法と科学なRPG「Humanus」をツクっている人ですが、先日、「ツクール学園フェスティバル」なる公式合作企画へ参加すると同時に、本格的にMVデビューした次第です。
私の作品は、教室22番にてプレイ可能です。
短い時間でサクッとプレイできるので、皆様ぜひプレイしてくださいませ。

と、挨拶も兼ねた宣伝はさておき。
プレイされた方はすでにご存知かもしれませんが、今回は「展示をめぐってスタンプを集める」という、ごくごくシンプルなスタンプラリー形式の作品を制作しました。
他の皆様が気合の入ったミニゲームを制作している中、ツクールスキルが(年数のわりに)しょっぱい私が、制作にかけられる時間と能力、自分自身の強みである(多分)小説書きを掛け合わせてやれるだけをやってみた一品です。

続きを読む →

感覚派人間の適当だらけなRPG製作法


この記事は、「RPGツクールMVアドベントカレンダー2017」12月10日用に書かれたものです。 皆さんこんばんは。沫那環です。 さて。最初に言っておきますが、私は感覚派です。 他の誰がなんと言おうと、感覚派です(大事なことなので二回言いました) 数十年生きてきていますが、筋道だった考え方は未だに苦手です。 そんな私でも、何とか物語性のあるRPGを作れています(未完成ですが) そこで今回は、私なりのRPGの作り方をおおざっぱにまとめてみました。 とはいえ、これが正解のやり方という訳ではないですし、私の次の作品作りでは、このやり方ではないやり方をすることは十分にあり得るでしょう。 そして、あくまで私、沫那環がとっているやり方なので、合う・合わないは著しく分かれること必須です。 それでも、細かな製作技法をあまり気にしなくても、RPGは作れるんだという見本として、楽しんで見て行ってくだされば幸いです。 かなり長いですが、「続きを読む」からどうぞ。 続きを読む →